Home (陽)

”百聞は一見にしかず”

1時間2025年の日本「目ル」(EYEする)サイト(Sight)です。

知らない単語は検索すらできません。

(心理学の用語でスコトーマ=精神的盲点と言います。)

ですから、分からなくても知っておくことが何よりも大切です。

//「目+ル=見(ケン)」とは?//(文字は光速、言葉は音速)

 

[ビルゲイツ&堀江貴文/必読の1冊]

/*サピエンスだけがなぜ生き残ったのか?

すでに始まっている次の生命体への進化が紹介されています*/

<<日本語でのネット検索が困難な世界の現状を発信>>

ある情報が各人届くのには、順序があります。

(ちなみにテレビのニュースが最後です。)

著作が邦訳され日本で出版されるのは2〜3年後であり、

テクノロジーについてもシアトルで試された2年後

日本に進出すると言われています。

<<IQの高さは「才能」ではなく「技術」>>

”「脳内混在持続可能時間」IQの高さ

我々の子どもが生活する時代体感”していただく為、

文章ではなく

多種の記号&記述が混在する”image(一目)”としてデザインしています。

情報収集を行いながら、処理のトレーニングを目的としています。

 

”星空に「星座」を見る技術”

脳は知っていることを組み合わせて働いています。

知らないことを思い描くことは不可能です。

分からなくても見聞きして知っていることで、

いつかの何かと繋がり自分に必要な情報を発見し、

そして新たな組み合わせを生み出してくれます。

(知らないことについては、夢見ることすらできない)

 

”「○○を学ぶ」から「○○に学ぶ」へ”

情報収集の際の意識次第で学習効率が劇的に変化します。

例えば、「歴史学ぶ」から「歴史学ぶ」

という謙虚な姿勢を持つだけで、

脳はその対象を自分の上位と認識し、

貪欲に情報を吸収します。

【138億年に学ぶ】
”幸運にも現代に生きる私たちは、宇宙の存在すべてが、

どのように現在の姿になったかを

科学的に理解できる最初の世代となるのである”

[ビッグヒストリー 前書きより引用]

<<サトシ・ナカモトの描いた世界>>

サトシ・ナカモトは、ビットコインプロトコルと、

そのリファレンス実装であるBitcoin Core (Bitcoin-Qt) を

作ったことで知られる人物の称する氏名。

本名かどうかも含め、当該人物の正体は不明。

(ウィキペディア参照)

”サトシ・ナカモトの正体?”

2013年の初版を読んだ際には、

200年後の[人間]に実践可能な哲学だと感じましたが、

ブロックチェーン技術の普及(2017秋MUFJコイン)により、

金融資本主義的には普及を迎えました。

民主主義のツールとして創造されたブロックチェーン技術が、

今後、何に使用するか&されるかは、

われわれ大衆がソレに何を望むか?次第で決定します。

鈴木健氏を始め、独立数学者の森田真生氏らのグループが

描いた世界はなめらかでとても優しいものです。

【鈴木健/なめらかな社会とその敵】

[内容紹介]
複雑な世界を複雑なまま生きることは可能なのか?

社会の境界をなめらかにすることは可能なのか?

情報技術が社会に与えるインパクトを生命史における細胞の起源に遡り、

網から膜と核が生成するという視点から社会制度やメディア論を位置づけ、

伝播投資貨幣PICSY、分人民主主義Divicracy、

構成的社会契約論などの具体的な手法を提案する。

歴史的な閉塞感の中に生きる現代人希望の書!

(Amazon内容紹介より引用)

<<2025’s Category>>

   ”今日生く

        /\

   / ”” \

 ”身体” ーーー ”衣食住